Foxconのテリー・ゴーウ会長、東芝半導体買収に意欲、その真意とは?

Foxcon のテリーゴーウ会長は、なかなか買い手が決まらない、東芝半導体の買収を明言しました、、、

その真意は、、、

Foxcon とは?

Foxcon は、Appleの製品のEMSを請け負っています。

テリーゴーウ会長は、東芝の半導体を自社で生産している製品に使いたいとAppleとAmazon にも、出資を呼びかけています。

Foxconは、シャープを買収した台湾の会社です。

シャープの液晶と東芝の半導体を自社の生産する機器(スマホや家電等、、、)に使えたらもう、鬼に金棒ですよね。

良い部品を使って良い製品を安く作ることができるんですから、、、

シャープを買収する時は、「海外に日の丸日本の家電メーカーを取られたくない。」

と、国内で世論が持ち上がりましたが、買収以降、シャープの社名が変わるわけでもなく、平静を保っています。

また、液晶の設備投資にも、積極的に取り組んでいますね。

シャープが得意とする、液晶や、東芝が得意とする、半導体は、設備産業なので、資金が持っているところが有利なんです。

大型設備投資ができれば、その分コストは抑えられ結果的に、市場競争で生き残っていけるというワケなんですよね。

日本の産業革新機構などではそこまで資金を出せるか不安です。

東芝半導体の身の振り方はどうするべき、、、?

だからといって日本トップの半導体メーカーである東芝を海外に流出させていいのか、、、?

という議論もありますが、大事なのは買収された後です。

それ以降、設備投資して新しくて良いものを安く作れるかが、カギになってきます。

東芝で働いている従業員の皆さまにしても、会社が永続してもらわなければならないので、Foxconの傘下で働いたほうが良いかもしれませんね、、、

東芝という会社名も、テリーゴーウ会長は、残すと明言していますし、日本資本でなくても、「東芝半導体が復活してくれたら良し」と、しなくてはいけないかもしれません。

東芝本体は何処へ、、、?

東芝の家電は中国家電メーカの美的へ、医療機器はキャノンへ、そして今回の半導体と、東芝らしい部門が切り売りされていきます。

もし、東芝が生き残って復活しても、以前とは違う東芝になってしまうのかが心配ですね、、、

 

買収された家電といえば、旧三洋電機の家電も、ハイアールに買収されているんですよね。

三洋の名前は使えないから、「アクア」という、ブランドで販売していますよね。

気が付かないうちに、日本の家電メーカもだんだん外国資本になってきていますね、、、

黒船家電来襲!! 代表格はダイソン

家電といえば、黒船家電といわれる、海外メーカーが最近、多いですよね。

代表格は、ダイソン。

掃除機は、デザインもオシャレで、また、性能も吸引力もすごそうですよね。

最近は、コードレス掃除機が多いです。充電式なので、一回の掃除で、電気が保つのかなと、心配なんですけど、家電屋さんに聞いたら、吸引力がすごいので、同じところを何回もかけなくても、1回で綺麗になるので十分、一回の掃除で電気は保つそうです。

ダイソンのコード式掃除機は重くて、掃除する時、大変でした。

しかし、コードレスは軽いし、コードが無いので、場所を移るたびにコードを刺す煩わしさもなく、使いやすいですよね。

日本の電機メーカー頑張れ!

日本のメーカーも、コードレスはありますが、後追いの感じがするのでもっと頑張ってもらいたいですよね、、、

よかったらいいね・シェアお願いします!