今村復興相 大震災「東北で良かった」 不適切発言 で辞任

今村復興相が講演会で失言

今村雅弘復興相(70)は25日、東京都内のホテルで開かれた自民党二階派のパーティーで講演し、東日本大震災について失言しました。その中身とは、、、

まだ東北で良かった!?、、、と、とんでもない発言!

「東北で、あっちの方だったから良かった。首都圏に近かったりすると莫大(ばくだい)な、甚大な被害があった」と発言。

野党は被災地を傷つける発言だと一斉に反発し、今村氏は辞任の意向を固めました。

事実上の更迭で、政権に打撃となるのは必至です。

 

 今村氏、発言撤回、陳謝も・・・

同じパーティーに参加していた首相は直後のあいさつで「今村復興大臣の講演の中において、東北の方々を傷つける極めて不適切な発言があった。総理大臣としておわびさせていただきたい」と陳謝。

今村氏は、「死者不明者1万8478人。社会資本の毀損(きそん)が25兆円という数字もある」などと東日本大震災の被害規模を説明する中で問題の発言をしました。

辞任を伝える

講演後、今村氏は記者団に「私の本当に不適切な発言で皆さま方を傷つけたことを、深く深くおわび申し上げる」と述べ、発言を撤回、謝罪し、自身が所属する二階派の二階俊博幹事長に電話で辞意を伝えました。

たびたび、失言を繰り返す

今村氏は今月4日の記者会見で、東京電力福島第1原発事故に伴う自主避難者の帰還について「本人の責任」と発言して批判を浴び、撤回した経緯もある。その場で国の責任をただした記者に対しても「うるさい」などと激高。

これだけ、失言を繰り返していたらやっぱり、問題ですよね。

本当に東北についてどう考えていらっしゃるのか、疑問に持たざるを得ないですよね。

今村氏の地元からも批判の声

衆院比例九州選出の今村雅弘氏は佐賀県鹿島市出身で、小選挙区では過去5回当選の経歴を持つ。地元の佐賀県の人たちからは「恥ずかしい」「情けない」と批判の声が上がった。

後任には、大震災特別委員長の吉野氏で決定

後任には、地元福島5区選出衆院議員の吉野正芳衆院東日本大震災復興特別委員長(68)を充てる方向で調整しています。

吉野氏、今村氏の発言に怒り

福島県いわき市出身の同相は、東日本大震災をめぐり今村氏が「東北で良かった」などと述べたことについて、「われわれ東北の被災地にとっては許すことのできない発言だ」と批判。

自らも被災者だと強調した上で「本当に被災者に寄り添っていけるのは私だという自負を持っている」との考えを示しました。

吉野氏、岩手と宮城の被災地の視察に意欲

吉野氏は積極的に被災地を訪ねる意向を示し、「特に私の場合、福島にずっといたので岩手、宮城の全ての被災地は見ていない。

復興の状況やこれからの課題について、現場を歩いて早急に把握し、対応していきたい」と述べました。

東北と熊本の早急な復興を進めて頂きたいですよね。

それと、その他地域での防災対策をしっかり

実施して欲しいですね。

 

よかったらいいね・シェアお願いします!