亀梨和也と山下智久のユニット、修二と彰、青春アミーゴの意外な作曲者とは、

先日、6年振りに復活した「修二と彰」「青春アミーゴ」の作曲者は、実は、外国の人で、、、

なんと、スウェーデンの作曲チームの作品!

「青春アミーゴ」は、スウェーデンの作曲チームの4人で作曲した曲なのです!

その経緯というのが、作家兼、音楽プロデューサーの周水(しゅうすい)が、ある人からスウェーデンに面白い作曲者集団がいるよと紹介されて、スウェーデンまで行って会ってきたんだそうです。

それで周水が、面白いと思って作曲をまかせました。

作曲秘話

作曲するときは、常に4人で話あいながら、作曲していたんだとか。

「青春アミーゴ」を作ったときは、周水が、スウェーデンの作曲チームと電話やメールで打合せしながら、完成させたそうです。

4人で、作製しているので、作曲、編曲を同時進行できるところも、複数人でやっているからできるからのメリットだとか、、、

プロデューサー周水とは、、、

Cannaという、アーチスト名で活動していましたが、2003年に活動を停止。

もともと、作曲するのが、好きで、デビュー前から他のアーチストに楽曲を提供していたので、作曲、プロデュースに専念するようになりました。

それで、スウェーデンの作曲集団を紹介され、コラボするようになったそうです。

スウェーデンはそのような集団が大勢いて、いろんなタイプがいるらしいです。

それにしても、意外でしたよね。

青春アミーゴは、日本人が、作ったとばっかり思ってましたよね。

先日の日本デレビ、THE MUSIC DAYで放送されたときは、2005年の頃に歌っいたときを再現。

ジャニーズJr.と、一緒に歌って踊っていました。

「青春アミーゴ」は、ドラマから出た曲


【出典:ameblo.jp

そもそも、青春アミーゴは、デレビドラマの、「野ブタ。をプロデュース」の挿入歌でヒットしました。

亀梨和也演じた、桐谷修二と、山下智久演じる、草野彰から修二と彰という、名前は、ジャニー喜多川が命名したそうです。

4月からドラマで亀と山P 再結成!

2017年4月スタートのドラマ「ボク、運命の人です」で亀梨和也は主演しています。山下智久と2005年以来となるユニット「亀と山P」を組み、5月に主題歌の「背中越しのチャンス」を発売しました。

この曲はなんと亀梨君が作詞をしたんですよね。

亀梨君は今年の「24時間TV」にも決まって最近、露出が多くなってきましたが、歌での露出が少ないのですよね、山Pも含めて、、、

これを機に二人とも、どんどん歌番組にでてもらいたいですよね!

よかったらいいね・シェアお願いします!