プリンセス天功の仰天真実

5月2日の「マツコの知らない世界」プリンセス天功「イリュージョンの裏側」と題して、イリュージョンやプライベートについて仰天する真実を語りました。

その内容とは、、、

最初は女優志望で、弟子入り!

プリンセス天功は初代、引田天功の実の娘でなく親戚(引田天功が叔父にあたる)です。

プリンセス天功は幼少期に医者から病気で18歳までしか生きられないと宣告を受けました。

それで親から学校に行かなくて良いから、好きなことをしなさいと言われ「何がやりたい?」と聞かれたときに「女優になりたい」と答え、親戚の引田天功に弟子入り。

このときは「女優になりたかったが、イリュージョニスト」になるとは夢にも思っていなかったそうです。

プリンセス天功 誕生!

やがて、引田天功が病で1979年に急死したため、プリンセス天功が代わりにイリュージョンをやるようになりました。

壮絶! ガチな真剣勝負のイリュージョンの数々・・・!

最初のころは、引田天功がやっていた、爆薬を仕掛けて、手錠をほどいて見事脱出するといったことをやってたんだそうです。

耳元で爆発して、鼓膜を3回も張り替えたとのこと。脱出成功したあと、鼓膜が破れて、インタビュアーの質問が聞えなくても、口の動きを見て質問の意味を理解してこたえていたというから驚きです、、、

剣に刺されて肋骨骨折!血だらけでショーを続けたことも・・・!


【出典:yuumeijin-shokai.com

また、人がやっと入れるぐらいの箱に入って、26本の剣を箱の外から刺される際は、逃げ遅れて肋骨や、頭を刺されたが、そのまま、血だらけになってショーを続けたこともあるそうです。

すごいですね、、、

水中イリュージョンでは窒息!心肺停止!

水中のショーでは、手錠が水中の中で見えにくいため、脱出できず、窒息して心肺停止になったことが3回あったそうです。

あるときは、消防車がきて、水槽を割って救助されたこともあるといいます。

ガチな真剣勝負は初代ゆずり

なぜ、ここまでやるこという問いには、初代引田天功が常にガチで真剣勝負していたからということだそうですが、それにしても壮絶なイリュージョンの数々ですね、、、

宇宙旅行にいったことも!

ロシアの地図に載っていないことろで密かに訓練して宇宙にいったこともあり、その際は、あのガガーリン船長の奥さんと話たこともあるそうです。

いやはや、ケタ外れで、マツコもイリュージョン以外のところが、イリュージョンと呆れはてていました、、、

ラスベガスの最新イリュージョンを披露!

最後にラスベガスの最新イリュージョンを披露しました。

ある、大きな物体が突然現れて、マツコがびっくりして終わりました、、、

それにしても、プリンセス天功の人生も、イリュージョンもケタ外れで、すごいですね!

 

よかったらいいね・シェアお願いします!